2021年。月に1度だけのレストランを営業する。

このプロジェクトは2021/02/28に終了いたしました。温かいご支援、ありがとうございました。
Success
  • stars集まっている金額
    ¥512,000
    (目標 ¥500,000)
  • flag目標達成率
    102%
  • local_offer購入数
    92
  • watch_later残り時間
    終了しました
お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
2021年3月から12月までの10ヶ月間、月に一度だけのレストランを営業します。 東京都内のマンションの1室をお借りして、営業する一晩限りのレストラン。 その為のクラウドファンディングを実施します。
    • はじめに Introduction

    • こんにちは!東京都在住、23歳料理人の佐藤日向子です。

      私は広島県尾道市出身で、両親ともに塾の先生という家庭環境で育ちました。小さい頃からとにかく好奇心が旺盛で、母が目を離した隙にいなくなり、興味の赴くままに動いては怪我ばかりする子でした。そんな幼い頃の私を惹きつけたのが料理です。

      生臭い魚やお肉が、大好きなお寿司や唐揚げに。見た目はただの白い粉だった小麦粉やお砂糖が、美味しそうなクッキーやケーキなどの大好物に。いろいろなたべものが次々と変身していく様子が、魔法みたいで面白くてたまらなかったのです。
    • Hello! I'm Hinako Sato, a 23-year-old cook living in Tokyo.

      I was born in Onomichi City, which is in Hiroshima Prefecture, and grew up in a family environment where both of my parents were teachers.
      Ever since I was a little girl, I was very curious and would disappear whenever my mother took her eyes off me, and I would always get injured when I moved around according to my interests. What attracted me at such a young age was COOKING!

      Fishy and bloody smell of fish and meat became my favorite dishes, sushi and karaage (fried chicken). Flour and sugar, which looked like just white powder, became my favorite sweets, such as delicious-looking cookies and cakes. I couldn't help but be fascinated by the way various foods transformed one after another, like magic.
    • (お団子を真剣な顔で作る1歳の私。幼い頃からキッチンが大好きだった!)
      (My one year old making the dango with a serious face. I loved the kitchen from an early age!)
    • そんな私が本格的に料理の道に進み始めたのは20歳の頃。19歳の頃、通っていた大学を退学して、オーストラリアのメルボルンで料理のキャリアをスタートさせました。

      メルボルンに留学した理由は、オーストラリアが英語と料理を同時に修得できる国だったからです。私は幼い頃から、英会話の先生だった母の影響もあり、英語を話すことが好きだったので、料理を学びながら英語力をもっと伸ばせる国に行くと決めていました。また、オーストラリアは学生ビザでも働くことができ、自力で生計を立てることも可能で、両親に負担をかける必要もなかった。大学を中退し、無理を言ってオーストラリアに行くことにしたからこそ、自分でなんとかしてやる!という意志を強く持って、19歳の私はオーストラリアの美食の街、メルボルンへ飛び立ちました。

      At the age of 19, I left my university to start my culinary career in Melbourne, Australia.
      The reason I chose to study in Melbourne was because it was a country where I could learn English and cook at the same time. Since I was a child, I have always enjoyed speaking English, partly due to my mother who was an English teacher, so I decided to go to a country where I could improve my English skills while learning to cook. In addition, Australia allowed me to work on a student visa and earn a living on my own, so I did not have to place a burden on my parents. I decided to drop out of the university I was attending and force my parents to let me go to Australia. So I had to have a strong will that I could handle this on my own! And I flew to Melbourne, the gastronomic capital of Australia with my mother's hand-me-down suitcase.
    • そして現在私は、都内のフランス料理店で料理人を続けながら、パン屋さんでパンの勉強をしたり、フィットネスクラブでフィットネスやヘルスケアの知識を身につけています。

      このように、今の私が少し変わった働き方をしているのには理由があります。

      And now I am continuing to work as a cook at a French restaurant in Tokyo, while studying baking at a bakery and learning about fitness and health care at a fitness club.

      As you can see, there is a reason why I am working in a slightly different way now.
    • 変わらない夢。一人でも多くの人を笑顔にして生きていく。An unchanging dream. I want to live my life making as many people as possible smile.

    • 私には小学生の頃から23歳になった今でも、ずっと変わらない夢があります。それは『一人でも多くの人を笑顔にして生きていく』ことです。

      小学生の頃から私は、自分の言動で周りの人が笑ってくれることがただただ嬉しくて、たくさんの人に笑顔が与えられる大人になりたいとずっと思って生きてきました。

      I have a dream that has remained unchanged since I was in elementary school, even now that I am 23 years old. It is "to make as many people as possible smile and get on with their lives.

      Ever since I was in elementary school, I have been so happy to see people around me smile because of my words and actions, and I have always wanted to become an adult who can bring smiles to many people.
    • (小学生の頃の私と父。写真を撮る母を笑わせようとしている写真)
      (Me and my father when I was in elementary school. Photo of me trying to make my mother laugh while she takes the picture)
    • この夢を叶えるため選んだ手段が大好きな料理です。しかし、ここ数年の私には、その料理を内包したさらに大きな目標ができました。
      I chose cooking as my favorite way to make this dream come true. However, in the past few years, I have had an even bigger goal that encompasses cooking.

    • マチを創りたい!I want to create a community!

    • 私の構想する「マチ」とは、「住民みんなが自分の好きなことや、やりたいことをできるマチ」です。

      私はこれまでの人生、小さなことから大きなことまで、様々なことにチャレンジしては挫折を繰り返してきました。

      My vision of "Machi" is a place where all residents can do what they like and what they want to do.
      I have tried many things in my life, from small things to big things, and have repeatedly failed.
    • 挫折とかけ算
    • そのたび必要以上にたくさん悩み落ち込んでいましたが、最近になってやっとその理由がわかりました。それは常に自分と他人(ヒト)を比較することで自分の優劣を決めていたからです。
      特に今の私たちが生きる現代社会は、常に他人と比較してしまいやすい環境です。そのことで、多くの人が自分のやりたいことを「どうせ自分なんて」という思いから諦めてしまいます。
      でもその原因は、行動力や才能がないなどの、個人の責任が100%ではない気がするんです。

      私たちは義務教育を受け始める頃と同時に、勉強やスポーツなど様々な要素で他人と比較され、優劣を判断される社会で生き始めます。次第に比較されることが当たり前になって、どこの誰が用意したのかもわからない競争に負けては自信を失い、やがて自分のやりたいことを手放し、チャレンジすることを辞めていきます。比較することで成長する人もいますが、そうでない人も少なくないからです。私は学生時代、事あるごとに他人と比べられる世の中がとても息苦しかった。

      Every time I had a setback, I used to worry and feel depressed more than necessary, but recently I finally understood why. It was because I was always comparing myself with others (people) to determine my superiority or inferiority.
      Especially in the modern society we live in today, it is easy to constantly compare ourselves with others. This causes many people to give up on what they want to do because they think, "I'm not good enough anyway." However, I feel that the cause of this is not 100% the responsibility of the individual, such as lack of ability to take action or talent.

      As soon as we start compulsory education, we begin to live in a society where we are compared with others and judged as superior or inferior in various factors such as studies and sports. We lose confidence when we lose a competition that we don't even know who created. Eventually, we give up what we want to do and quit challenging ourselves. This is because while some people grow through the prepared comparison, many others do not. Since I was a student, I myself felt suffocated by a world where I was compared with others at every turn.
    • (家に遊びにきてくれた友達にチョコレートケーキを作る高校生の私)
      (Me, a high school student making a chocolate cake for a friend who came to my house)
    • だからこそ「例え世の中に用意されている競争に負けたと感じてしまっても、あなたはあなたらしいやり方で勝つことはできるんだよ。」と後世に伝えられる生き方を私はしたい。
      そして未来の子供たちが、周りと比べて自信を失うことなく、自分の好きなことややりたいことを、胸を張って「やりたい!」と叫ぶことができる環境を作ることに、私の人生の残された時間を使いたいと考えています。その環境こそが、私の構想する「マチ」の形です。
      That is why I wanted to live a life which I could tell future generations, "Even if you feel defeated by the competition, you can still win in your own way." And I want to create an environment where the new generation of youth can say with pride, "I want to do it!" without losing confidence by comparing themselves with others. I want to use the time I have left in my life to create this environment and this is what I envision as "Machi".
    • そのマチでしたいこと What I want to do in that community

    • まず私はそのマチで、料理をメインに続けます。「食事する」という行為は万人にとって欠かせない行為なので、自分の好きなこと、つまり私の場合は料理をすることで「一人でも多くの人を笑顔していく」を叶えられる可能性は高いです。

      同時に、「一人でも多く笑顔の人を増やす」ためには「悲しんでいる人をこれ以上増やさない」行為をする意識を忘れてはいけません。
      例えば、私が料理をする時に出来るだけ安く食材を仕入れるため、発展途上国などで正当な賃金を支払われていない人たちによって作られた生産物を使い続けたとしたら、直接会うことはなくても悲しむ人が増える可能性があります。

      他にも、自然や人の健康に配慮して無農薬で作られた農作物、気候変動などの環境問題に配慮して飼育されている家畜など、サスティナブルな社会を作るために努力して生産されたものを積極的に使うことで、悲しむ人をこれ以上増やさず、理想とするより良い未来を迎えられる確率が上がるでしょう。しかし、そういった食材は、当然ながら手間暇をかけられた分、通常より高値で販売されます。

      First of all, I will continue to focus on cooking in that community. Since "eating" is an essential act for everyone, there is a high possibility that I can achieve "making as many people as possible smile" by doing what I like, which in my case is cooking.

      At the same time, in order to "make as many people as possible smile," we must not forget to be conscious of the act of "not making any more people sad".
      For example, if we continue to use products produced by people who are not paid legitimate wages in developing countries in order to purchase ingredients as cheaply as possible when we cook, there is a possibility that the number of grieving people will increase, even if I never meet them directly.

      In addition, by actively using products that are produced in an effort to create a sustainable society, such as crops grown without pesticides in consideration of nature and human health, and livestock raised in consideration of environmental issues such as climate change, we can increase the probability of having a better future than the one we have envisioned, without adding to the number of people who are grieving. However, such foodstuffs are usually sold at a higher price because of the time and effort that has been put into them.
    • (地元尾道で友人のおばあちゃんがイチヂク農家をしていて、農園を見学させてもらった時の写真)
      (A friend's grandmother is a fig farmer in my hometown of Onomichi, and I took this photo when I visited her farm.)

    • 多くの人が食べるものを選ぶ時に重要視される要素は、「美味しさ」そして「価格」です。

      例えば、「マ◯ドナルドのハンバーガー」100円、環境や健康に配慮して作られた「サスティナブルバーガー」500円があったとしたら、普通はマ◯クのハンバーガーを選びませんか?
      もれなく私もハ◯ピーセットには大変お世話になり、小さい頃は彼らがハンバーガーと一緒にプレゼントしてくれる小さなおもちゃに心踊らせていました。そう、お腹が空いている時に自然環境のことなど考えられる人なんて、あまりいないです。

      そこで、「美味しくてなおかつサスティナブルな料理を一人でも多くの人に届けるためには?」と考えた結果、提供価格を大幅に上げることなく、「実は環境に配慮されて作られた料理だった」と食べた後に気づくくらいさり気なく気遣われた料理を作る必要があると考えました。名付けて「さり気なくサスティナブル」、略して「さり気なブル」です。
      では、提供する食事の原価率が上がった上で「さり気なブル」を実行するにはどうしたら良いのでしょうか。

      The most important factors that most people consider when choosing what to eat are "taste" and "price".
      For example, if there is a "McDonald's hamburger" that costs 100 yen and a "sustainable burger" that is made in consideration of the environment and health that costs 500 yen, wouldn't you normally choose the McDonald's hamburger?
      Without a doubt, I myself have been a big fan of the HAPPY SET, which is a burger combo with toys for small children and when I was a little kid, I used to be fascinated by the small toys they would give me along with the burgers. Yes, there are not many people who can think about the natural environment when they are hungry.

      So I asked myself, "How can I deliver delicious and still sustainable food to as many people as possible? As a result,I decided that it was necessary to create dishes that were made with such care that people would realize after eating them that they were actually made with the environment in mind, without having to raise the price significantly. We called it "Casually Sustainable".
      So, how can we implement "Casually Sustainable" when the cost ratio of the meals we serve has increased?
    • 料理以外で、料理人を続ける Continue to be a chef, outside of cooking

    • 少し話が戻りますが、現在私は料理人ですが、料理人以外の仕事もしています。その理由が「料理以外で、料理を続ける」ためです。
      ここまでの話を少し整理すると、
      「一人でも多くの人を笑顔にしていく→悲しむ人を減らす→サスティナブルな料理をする」
      という構図があります。

      Back to the topic at hand, I am currently a cook, but I am also working as a non-cook. The reason for this is to continue cooking outside of cooking.
      Let me explain a little more clearly.

      To make as many people as possible smile → Need to reduce the number of people who are sad → Create sustainable cuisine
    • 作りたい料理を多くの人に届けるために、原価率が上がったとしても提供価格を上げない。
      それを叶えるには、料理以外の収入で料理をするために必要なコストを賄う必要があります。伝わりやすくするためとても極端な例を出しますが、例えば10,000円のコース料理を作る際に、10,000円分の食材を使うためには、お客さんが支払う食事代10,000円以外で、光熱費や人件費などのその他の経費を賄わなければいけません。
      現実的には原価率100%の料理を提供できないとしても、常識と言われる「原価率は30%以内」の壁は超えることができます。
      私が現在、調理場以外の職場で料理以外の勉強をしている理由は、料理以外のスキルを1つでも多く身に付け、そこで生みだされたお金を使って料理人を続けることで、「一人でも多くの人を笑顔にしていく」という夢を叶えるためなんです。

      In order to deliver the food we want to make to as many people as possible, we will not raise the price we offer even if the cost ratio of the neals increases. In order to achieve this, you need to use your non-cooking income to cover the cost of cooking. To make it easier to understand, I'll use a very extreme example, in order to use 10,000 yen worth of ingredients to make a 10,000 yen course meal, you need to cover other expenses such as utilities and labor costs, in addition to the 10,000 yen the customer pays for the meal. Even if you can't serve food with a 100% cost ratio, you can still go beyond the "cost ratio of 30% or less" barrier, which is considered common sense. The reason why I am currently studying something other than cooking at a place not at the kitchen is to acquire as many non-cooking skills as possible, and to use the money generated there to continue to be a chef, so that I can fulfill my dream of "making as many people as possible smile". 

    • これから迎えに行く世界
    • だからといって、これはただ単に一人でも多くの人に美味しい料理を、出来るだけ低価格で提供し続けたいといった意味合いでは決してありません。美味しいものをどんなに高価格でも食べに行きたいという人もいれば、できるだけ低価格で食事を済ませたい人もいる。レストランで食事をする時間を楽しみたい人もいれば、カフェのような空間でくつろぎたい人もいるだろうし、はたまた料理を持ち帰って家で食事したい人もきっといます。

      1日のうち「食べる」という時間だけ切り取っても、やはり、人は皆それぞれ様々な理想の形がある。だからこそ、ひとりひとりの生活のリズムや環境に寄り添ったサービスを、料理だけでなく、それ以外のスキルを通しても多くの人に届けられたら、今より少し優しい景色が広がる「マチ」が見れるんじゃないかなと思うんです。

      今回のクラウドファンディングは、私が創るマチの構造を少し具現化するために行います。

      This doesn't mean that I just want to keep serving delicious food to as many people as possible at the lowest possible price. Some people want to go out to eat delicious food no matter how high the price, while others want to pay the lowest possible price for their meal. Some people want to enjoy the time they spend eating at a restaurant, others want to relax in a café-like setting, and still others want to take home food and eat at home.

      Even if we take only the time of "eating" out of a day, we all have our own ideal form. That's why I think that if we can provide services that are close to the rhythm of each person's life and environment, not only through cooking, but also through other skills, we can see a "community" that is a little kinder than the one we have now.


      The purpose of this crowdfunding is to materialize a little of the structure of the "Machi" I am creating.
    • リターンの説明 Return contents Description

    • メインとなるリターンは、今年2021年3月より毎月1回、都内のとあるマンションの1室でレストランを営業するというものです。

      昨年からコロナウイルスの影響で、オンライン上でコミュニケーションする機会が以前と比べ大幅に増えた人は少なくありません。そんな時代だからこそ、face to face で会える時くらいはオンラインの世界から少し離れて、大切な人たちと食卓を囲み、オフラインでの時間と料理を味わってほしい。そのため、スマートフォンなどの電子機器の電源はお切り頂くようお願いする予定です。お一人様1万円で4名様団体のみのご予約が可能となっております。
      The main return content is to open a restaurant in one of the apartments in Tokyo once a month starting this March 2021.

      Due to the impact of the coronavirus since last year, many people have greatly increased their opportunities to communicate online compared to the past. It is precisely because we live in such an era that I would like people to get away from the online world for a while, at least when they can meet face to face, and gather around the table with their loved ones to enjoy offline time and food. For this reason, we will ask you to turn off your smartphones and other electronic devices. We are only able to make reservations for groups of 4 people for 10,000 yen per person.
    • 支援して頂いた計4万円のうち、25%がクラウドファンディングの手数料として引かれるので、手元に残るのは3万円です。その内半分は物件の賃料として使わせて頂くため、実際食材やその他備品に使える金額は1万数千円程度です。

      数あるクラウドファンディングの運営会社の中ではKanattaさんの手数料は安い方ではありません。それでも私がこの会社で今回のプロジェクトを実行する理由は、そう「さり気なブル」を今から実現するためです。Kanattaさんは国連により採択された持続可能な開発目標SDGsの「目標5ジェンダーの平等を達成し、全ての女性と女児のエンパワーメントを図る」の実現に貢献しています。

      Of the total 40,000 yen raised, 25% will be deducted as a crowdfunding fee, leaving us with only 30,000 yen. Since half of the money will be used for rent of the apartment, we will only have about 10,000 yen left for food and other supplies. Among the many crowdfunding management companies, Kanatta's fees are not the cheapest. Still, the reason why I am doing this project with this company is to realize "casually sustainable" from now on. Kanatta is contributing to the realization of "Goal 5: Achieve gender equality and empower all women and girls'' of the Sustainable Development Goals (SDGs) adopted by the United Nations.
    • しかし「さり気なブル」の結果、残った金額だけでは自分の作りたい料理や環境が作れません。そこでそのメインのリターンを支えるため用意しているのが、他の5つのリターンです。

      1つ目、2つ目の「Go for it anyway!」や「Letter of appreciation」は各リターンの説明欄の通り、ご支援頂いた皆様に感謝の気持ちを添えて、お礼のメールやお手紙を送ります。

      However, the amount of money left over as a result of the "casually sustainable" is not enough to create the food and environment I want to create. So, to support the main return content, we have prepared five other return contents.

      The first and second returns, "Go for it anyway!" and "Letter of appreciation," will be sent by email or letter to thank you for your support, as described in the description of each return.
    • 3つ目の「Book gift」についてです。幼い頃から読書好きの私は、よく両親や友人から本を贈られる機会があり、本のプレゼントがすごく好きでした。もらった本に書かれている言葉の数々が、今の自分に必要なメッセージのような感覚があったからです。
      今回のクラウドファンディングで私が贈ることのできる本の数は限られていますが、職業や好きな場所、好きなことなどを教えていただき、私目線で選ばせて頂いた本をお送りします。

      Thirdly, I would like to talk about "Book gift". I have loved reading since I was a child, and I have often had the opportunity to receive books from my parents and friends, and I really liked book gifts. I loved book gifts because I felt that the words in the books I received were like messages that I needed to hear.
      The number of books I can give away through this crowdfunding is limited, but I will send you books that I have selected from my perspective, based on your occupation, favorite places, and favorite things.
    • 4つ目の「Give me the topic」についてです。私は文章を読むのも好きですが、書くこともすごく好きなので、日頃からnoteという文章をメインに情報発信できるサービスを使い、記事を発信しています。

      そこで今回このリターンをご支援頂いた方から頂戴したトピックについて調べ勉強して、1つの記事を作ろうと考えました。お題はもちろん料理に関係のない事でも構いませんし、何か調べてまとめてほしい事など、何でもお申し付けください。
      自分が発信した記事で何かを知り、学ぶきっかけとなる方が現れたら幸いです。またこのリターンの支援者でご了承頂けた方のお名前を記事に掲載する予定です。

      Fourth, I would like to talk about "Give me the topic". I love to read, but I also love to write, so I've been using "note", a service that allows me to send out information mainly through writing, to write articles.
      So, I will research and study the topic that was given to me by the person who supported this return content, and create an article about it. The topic can be anything that is not related to cooking, of course, or anything that you would like me to research and summarize.
      I would be very happy if there are people who learn something from my articles. I will also include the names of the supporters of this return who have given their consent in the article.
    • 最後に「未来のお食事券」についてです。このチケットは、未来の私がご購入頂いたあなたに料理を振るまう券です。 使用期限はありませんので、3年後でも10年後でも、あなたが選んだタイミングで、未来の私があなたとあなたの大切な人達のためだけに、料理を作りに行きます。私はご期待に沿えるように、数年後大きく成長し、「このチケットを買っておいてよかった」と思われる料理人になっているので、その時が来るまで大切に保管しておいてください。

      Finally, let's talk about the "Future Meal Ticket". This ticket is a ticket for the future me to serve food to you who purchased it. It has no expiration date, so whether it's 3 years from now or 10 years from now, at a time of your choosing, the future me will be there to cook just for you and your loved ones. I will have grown a lot in the next few years to meet your expectations, and I will be a chef who you will be glad you bought this ticket, so please keep it in a safe place until that time comes.
    • 最後に Finally

    • 今回クラウドファンディングを行うことになった小さなきっかけは、昨年のクリスマスに両親にレストランで食事する機会をプレゼントしようとした時のことです。
      クリスマスくらい普段できない経験をしてほしいと思ったのですが、レストランで食事をした事があまりないであろう二人に慣れないプレゼントをするよりも、二人の味の好みも好きな雰囲気も知っている私が、特別な食事をする時間をプレゼントした方が喜んでもらえるんじゃないかなと思った事が、今回のクラウドファンディングに繋がりました。

      The small reason why I decided to do this crowdfunding project was when I wanted to give my parents a chance to eat at a restaurant for Christmas last year. I wanted them to have an experience that they don't usually get to have at Christmas, but rather than giving an unfamiliar gift to two people who have probably never eaten at a restaurant before, I thought they would be happier if I, who know their taste buds and their favorite atmosphere, gave them a special dining experience. This thought led me to this crowdfunding project.
    • 現在、私は将来創りたい「マチ」に必要な柱を何本か用意している途中です。その柱には、料理はもちろん、パン作りやフィットネス、ヘルスケアの分野も含まれます。
      そして、来年2022年には、その一本一本の柱の強度や密度を上げるため、アメリカ・ニューヨークに旅立つ予定です。だから残された日本での一年間で、今ある柱を使い、マチの骨組みを作り始めてみようと、今回クラウドファンディングにチャレンジすることにしました。

      しかし、私はどの分野でもまだまだ未熟で、今回のクラウドファンディングも私の思いに共感してくれ、協力しようとしてくれるたくさんの人に支えられ、なんとかスタートしました。つまり、この夢は私一人で叶えたい夢ではなくなったのです。これからは周りと協力し、それぞれが「自分の得意を活かした柱」を建てることで、安定した骨組みのある「住民みんなが自分の好きなことや、やりたいことをできるマチ」を創ります。

      最後になりますが、毎度様々なことに挑戦する際、私のわがままに耳を傾け、手を差し伸べてくれる、両親を始めとした数多くの方々に感謝の気持ちをこの場を借りてお礼申し上げます。いつもありがとうございます。
      これからも私は、私の人生に関わってくれた一人でも多くの人を笑顔にするため、精一杯頑張ります!
      どうか温かく見守っていてください。

      Currently, I am in the process of preparing several pillars for the "Machi" I want to create in the future. These pillars include not only cooking, but also baking, fitness, and health care.
      Next year, in 2022, I plan to leave for New York, USA, to increase the strength and density of each of these pillars. That is why I decided to challenge crowdfunding in order to start building the framework of the Machi using the pillars that I have left in my remaining year in Japan.

      However, I am still inexperienced in any field, and I managed to start this crowdfunding project with the support of many people who sympathized with my idea and wanted to help me. In other words, this dream is no longer a dream that I want to make come true by myself. From now on, I will cooperate with the people around me, and each of us will build "pillars that utilize our own strengths" to create a "community where all residents can do what they like and what they want to do" with a stable framework.

      Lastly I would like to take this opportunity to thank my parents and many other people who have listened to my selfishness and given me a hand in every challenge I have taken on. Thank you for everything.
      I will continue to do my best to bring smiles to as many people as possible who have been involved in my life. Please watch over me warmly.

    • 「輝きだして走ってく」
    • 佐藤日向子 Hinako Sato
  • 新着情報

    新着情報はありません。
  • コメント
      コメントはありません。

出品者のプロフィール

佐藤日向子

佐藤日向子

料理人をする傍ら、フィットネスクラブやパン屋さんで夢を叶える23歳です。
商品
Go for it anyway!!
¥1,000 (税込)
残り 778
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年4月
Letter of Appreciation
¥3,000 (税込/送料込)
残り 130
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年
Book Gift
¥5,000 (税込/送料込)
残り 0
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年
Give me the topic
¥10,000 (税込)
残り 10
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年
3月のレストラン
¥40,000 (税込)
残り 0
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年3月
4月のレストラン
¥40,000 (税込)
残り 0
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年4月
5月のレストラン
¥40,000 (税込)
残り 1
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年5月
6月のレストラン
¥40,000 (税込)
残り 1
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年6月
7月のレストラン
¥40,000 (税込)
残り 1
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年7月
8月のレストラン
¥40,000 (税込)
残り 1
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年8月
9月のレストラン
¥40,000 (税込)
残り 0
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年9月
10月のレストラン
¥40,000 (税込)
残り 1
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年10月
11月のレストラン
¥40,000 (税込)
残り 0
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年11月
12月のレストラン
¥40,000 (税込)
残り 1
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年12月
未来のお食事券
¥100,000 (税込)
残り 9
詳細を見る
ご提供予定時期:未定
FAQ・ヘルプ

商品一覧

  • ご支援頂いた方には、感謝の気持ちを添えて、ひとりひとりにお礼のメールをお送りします! (※このリターンを複数回ご支援頂いた方は、まとめて一通のメールになると思いますが、気持ちを込めて送信致しますのでご了承ください。) I will send a personal thank you email to each and every one of you for your support!
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥1,000
    • 残り
      778
    ご提供予定時期:2021年4月
  • ご購入頂いた方のイメージにあった便箋を選び、お礼のお手紙を手書きで送らせて頂きます。 I will choose a letter paper that matches your image and send you a handwritten letter of thanks for your purchase.
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥3,000
    • 残り
      130
    ご提供予定時期:2021年
  • このチケットをご購入頂いた方のために選んだ一冊の本をプレゼントします。 I will be selecting a book to give away to those who purchase this ticket.
    販売終了
    • 価格(税込/送料込)
      ¥5,000
    • 残り
      0
    ご提供予定時期:2021年
  • ・私が日頃執筆しているnoteのタイトルを決められるリターンです。 ・あなたが調べてほしい事トピックや、記事にしてほしいお題をください。そのことについて全力で勉強し、記事にして皆さんにお届けします。 ・このリターンをご購入の方でご了承頂けた方のお名前は、記事に掲載させて頂きます。 ・タイトルは何でも構いません。もちろん料理に関係のない事も大歓迎です。
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥10,000
    • 残り
      10
    ご提供予定時期:2021年
  • ・4名様分のお食事代です。(お1人様10,000円) ・開催場所の住所はご予約確定後にメールにてお伝えします。 ・営業日時は月末の最終日曜日18時半からの予定ですが、ご希望があればご相談ください。 ・レストランを営業する物件の都合上、4名様以上の お客様をお受けする事は出来ません。 ・4名未満のお客様につきましては、システム上金額の変更は出来ませんが、ご相談お受けします。 その他、アレルギーや好きな食べ物など、ご要望ございましたら、お気軽にご相談ください。
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥40,000
    • 残り
      0
    ご提供予定時期:2021年3月
  • ・4名様分のお食事代です。(お1人様10,000円) ・開催場所の住所はご予約確定後にメールにてお伝えします。 ・営業日時は月末の最終日曜日18時半からの予定ですが、ご希望があればご相談ください。 ・レストランを営業する物件の都合上、4名様以上の お客様をお受けする事は出来ません。 ・4名未満のお客様につきましては、システム上金額の変更は出来ませんが、ご相談お受けします。 その他、アレルギーや好きな食べ物など、ご要望ございましたら、お気軽にご相談ください。
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥40,000
    • 残り
      0
    ご提供予定時期:2021年4月
  • ・4名様分のお食事代です。(お1人様10,000円) ・開催場所の住所はご予約確定後にメールにてお伝えします。 ・営業日時は月末の最終日曜日18時半からの予定ですが、ご希望があればご相談ください。 ・レストランを営業する物件の都合上、4名様以上の お客様をお受けする事は出来ません。 ・4名未満のお客様につきましては、システム上金額の変更は出来ませんが、ご相談お受けします。 その他、アレルギーや好きな食べ物など、ご要望ございましたら、お気軽にご相談ください。
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥40,000
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:2021年5月
  • ・4名様分のお食事代です。(お1人様10,000円) ・開催場所の住所はご予約確定後にメールにてお伝えします。 ・営業日時は月末の最終日曜日18時半からの予定ですが、ご希望があればご相談ください。 ・レストランを営業する物件の都合上、4名様以上の お客様をお受けする事は出来ません。 ・4名未満のお客様につきましては、システム上金額の変更は出来ませんが、ご相談お受けします。 その他、アレルギーや好きな食べ物など、ご要望ございましたら、お気軽にご相談ください。
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥40,000
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:2021年6月
  • ・4名様分のお食事代です。(お1人様10,000円) ・開催場所の住所はご予約確定後にメールにてお伝えします。 ・営業日時は月末の最終日曜日18時半からの予定ですが、ご希望があればご相談ください。 ・レストランを営業する物件の都合上、4名様以上の お客様をお受けする事は出来ません。 ・4名未満のお客様につきましては、システム上金額の変更は出来ませんが、ご相談お受けします。 その他、アレルギーや好きな食べ物など、ご要望ございましたら、お気軽にご相談ください。
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥40,000
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:2021年7月
  • ・4名様分のお食事代です。(お1人様10,000円) ・開催場所の住所はご予約確定後にメールにてお伝えします。 ・営業日時は月末の最終日曜日18時半からの予定ですが、ご希望があればご相談ください。 ・レストランを営業する物件の都合上、4名様以上の お客様をお受けする事は出来ません。 ・4名未満のお客様につきましては、システム上金額の変更は出来ませんが、ご相談お受けします。 その他、アレルギーや好きな食べ物など、ご要望ございましたら、お気軽にご相談ください。
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥40,000
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:2021年8月
  • ・4名様分のお食事代です。(お1人様10,000円) ・開催場所の住所はご予約確定後にメールにてお伝えします。 ・営業日時は月末の最終日曜日18時半からの予定ですが、ご希望があればご相談ください。 ・レストランを営業する物件の都合上、4名様以上の お客様をお受けする事は出来ません。 ・4名未満のお客様につきましては、システム上金額の変更は出来ませんが、ご相談お受けします。 その他、アレルギーや好きな食べ物など、ご要望ございましたら、お気軽にご相談ください。
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥40,000
    • 残り
      0
    ご提供予定時期:2021年9月
  • ・4名様分のお食事代です。(お1人様10,000円) ・開催場所の住所はご予約確定後にメールにてお伝えします。 ・営業日時は月末の最終日曜日18時半からの予定ですが、ご希望があればご相談ください。 ・レストランを営業する物件の都合上、4名様以上の お客様をお受けする事は出来ません。 ・4名未満のお客様につきましては、システム上金額の変更は出来ませんが、ご相談お受けします。 その他、アレルギーや好きな食べ物など、ご要望ございましたら、お気軽にご相談ください。
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥40,000
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:2021年10月
  • ・4名様分のお食事代です。(お1人様10,000円) ・開催場所の住所はご予約確定後にメールにてお伝えします。 ・営業日時は月末の最終日曜日18時半からの予定ですが、ご希望があればご相談ください。 ・レストランを営業する物件の都合上、4名様以上の お客様をお受けする事は出来ません。 ・4名未満のお客様につきましては、システム上金額の変更は出来ませんが、ご相談お受けします。 その他、アレルギーや好きな食べ物など、ご要望ございましたら、お気軽にご相談ください。
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥40,000
    • 残り
      0
    ご提供予定時期:2021年11月
  • ・4名様分のお食事代です。(お1人様10,000円) ・開催場所の住所はご予約確定後にメールにてお伝えします。 ・営業日時は月末の最終日曜日18時半からの予定ですが、ご希望があればご相談ください。 ・レストランを営業する物件の都合上、4名様以上の お客様をお受けする事は出来ません。 ・4名未満のお客様につきましては、システム上金額の変更は出来ませんが、ご相談お受けします。 その他、アレルギーや好きな食べ物など、ご要望ございましたら、お気軽にご相談ください。
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥40,000
    • 残り
      1
    ご提供予定時期:2021年12月
  • ・これは未来の私がご購入頂いたあなたに料理を振るまう券です。 ・使用期限はありませんので、3年後でも10年後でも、あなたが選んだタイミングで、未来の私があなたとあなたの大切な人達の為だけに料理をしに行きます。 ・私はご期待に沿えますよう、数年後大きく成長し、このチケットを買っておいてよかったと思われる料理人になっているので、大切に保管しておいてください。
    販売終了
    • 価格(税込)
      ¥100,000
    • 残り
      9
    ご提供予定時期:未定

特定商取引法に基づく表示

    販売者
    佐藤日向子

    所在地
    東京都目黒区

    連絡先
    電話:080-6264-1892
    メール:hinaszma25@gmail.com

    販売責任者
    佐藤日向子

    販売価格
    各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品代金以外に必要な料金
    なし

    お支払い方法
    クレジットカードによりお支払いいただけます。

    お支払い時期
    商品購入時に決済します。

    商品(リワード記載内容)のお引渡し時期
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    キャンセルの可否と条件
    キャンセルはできません。
    決済完了後の返金は一切できません。