コロナ最前線で戦う医療従事者に防護服&マスクを贈ろう

このプロジェクトは2020/05/31に終了いたしました。温かいご支援、ありがとうございました。
クラウドファンディングプロジェクト:コロナ最前線で戦う医療従事者に防護服&マスクを贈ろう
  • stars集まっている金額
    ¥397,500
    (目標 ¥6,000,000)
  • flag目標達成率
    6%
  • local_offer購入数
    18
  • watch_later残り時間
    終了しました
お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは目標達成型です。
リターンが魅力、抗体検査キットを差し上げます。検査をすることでご自身が抗体を持っているかどうかが分かります。体調不良だったにも関わらずPCR検査をしてもらえなかった、無症状でも感染していたのかもしれない、などご自身の不安を取り除く1つのきっかけにもなります。     コロナ最前線で戦っている医療従事者の方々に必要な防護服やマスク、消毒液。現在はこれらは不足しているため、本来使い捨てをしなくてはいけないものも使い回している状況です。医療従事者の方々を守るためにも皆様のお力をお貸しください。
    • コロナ最前線で戦う医療従事者に防護服&マスクを贈ろう

      • コロナ最前線で戦っている医療従事者の方々に必要な防護服やマスク。現在は防護服やマスクも不足しているため、本来使い捨てをしなくてはいけないものも使い回している状況です。医療従事者の方々を守るためにも皆様のお力をお貸しください。 リターンとして、抗体検査キッドを差し上げます。検査をすることでご自身が抗体を持っているかどうかが分かります。体調不良だったにも関わらずPCR検査をしてもらえなかった、無症状でも感染していたのかもしれない、などご自身の不安を取り除く1つのきっかけにもなります。
      • このプロジェクトで、できること

      • ‖医療従事者を支援します

        5月1日に一般社団法人 日本医美業セラピスト協会はプロジェクトを立ち上げると同時に、第1期の助支援先の募集を開始します。第1期の支援先決定は5月末日、給付は6月10日を予定しており、皆様からいただいた支援を迅速に届けてまいります。


        ‖支援の流れを透明性高く知ることができます

        助成先の決定および助成先の活動報告は、「新着情報」にて随時更新していきますので、支援がどの団体に使われ、どのような成果が生まれているのかを知ることができます。


        ‖支援することによって抗体検査キッドが使用できます

        抗体検査キッドを差し上げます。検査をすることでご自身が抗体を持っているかどうかが分かります。体調不良だったにも関わらずPCR検査をしてもらえなかった、無症状でも感染していたのかもしれない、などご自身の不安を取り除く1つのきっかけにもなります。
        *抗体検査キットは個人輸入になります。
      • 抗体とは

      • 抗体(Wikipediaより)
        抗体とは、生体の免疫反応によって体内で作られるものであり、微生物などの異物に攻撃する武器の一つです。
        免疫グロブリンとも呼ばれ、IgG、IgM、IgA、IgD、IgEの5種類があります。
        例えば、デング熱に感染すると1週間くらいでIgMが、もう少し遅れてIgGが体内で作られるので、デング熱の迅速診断キットは、IgMとIgGを測定することで診断できます。
        ただし、抗体は感染してすぐには作られませんので、発症してからしばらくは血液中の抗体を測定しても検出されない時期があります。(下記図参照)
        • *横軸は日数

          ウイルスのどの部分の抗体なのかによって微妙に異なりますが、新型コロナウイルスでは発症からおおむね2週間くらいで8割の人が、おおむね3週間くらいでほぼ全ての人がIgMまたはIgGが陽性になります。
        • 抗体検査とPCR検査の違いは?

        • 発症してすぐに陽性になるのはPCR検査です。
          PCR検査はウイルスの遺伝子の一部分を測定しますので、発症してウイルスが増えている状態で検査を行えば陽性となります。
          だいたい鼻咽頭のPCR検査は3週間くらいまで陽性になり続けます。
        • 新型コロナの発症からの日数とそれぞれの検査の陽性率の推移を見た図になりますが、発症してからしばらくはPCR検査が陽性になりやすく、2週以降はIgM/IgGが陽性になりやすくなります。
          発症してからしばらくの間の診断にはPCR検査が向いており、後から感染していたことを知るためには抗体検査が適しているということになります。
        • 検査キット体験者 プロジェクトへ応援の声

        • 30歳代 女性 広告代理店会社勤務

          以前微熱や咳が続いたことがあり、コロナかもと思ったのですが、海外渡航歴も無かったので、保健所に相談したところ経過観察となりPCR検査には至りませんでした。そのまま治ってしまったので、結局何だったのか分からないままだったのですが、今回抗体検査をしたところ(テスト的に使用させてもらいました)抗体有りという結果でした。やはりあの時感染していたのではと思います。私のような人が他にもたくさんいるかと思うので、不安を取り除くためにも抗体検査ができてとても有難かったです。
          医療関係者の方々の支援もでき、抗体検査もでき、とても素晴らしいプロジェクトだと思います。

          40歳代 女性 主婦
          医療関係者の方々にも家族がいて、ご自身の感染リスクやご家族への感染リスクもある中、本当に頭が下がる思いです。今回少しでも力になれたら幸いです。
          我が家は子供を保育園に預けられなくなったので、どうしても私は仕事をしなければならない時は親族を頼っています。とはいえ、感染リスクは伴うのに子供を預けるのは正直不安です、子供をお願いする予定の方(親族)などに抗体検査をしてもらおうかと考えています。抗体検査をして陽性の人であれば必ずしも安心と言い切れませんが、検査をして陽性の人に頼るか否かは、何もしない人に頼むよりかは安心できます。

          60歳代 女性 主婦
          緊急事態宣言で孫ともなかなか会えなくなってしまいました。抗体検査をして、もし抗体有りという結果だったら、安心して孫に会いに行こうと思います。医療従事者の方々にも感謝の気持ちを込めて、支援させていただきます。

          30代 男性 会社員 カナダ出身 
          居住地が日本で、現在も日本にいますが、コロナの影響で母国に帰れない状況です。
          抗体検査(試験的に使用しました)を行った結果陰性でした。
          母国の両親も心配ですが、まだ自分が感染するリスクも考えて、日本にいる予定です。
          日本でも海外でも日々コロナの治療にあたっている医療関係者の皆さんへ防護服やマスクが届きますように。
        • 今回の取り組みについて

        • 〇 坂本 眞由美  
          一般社団法人 日本医美業セラピスト協会  代表理事
          経歴:ソシオセラピストとして、医療機関での入院患者や介護施設での高齢者の方々のケアを実践。 業界 異色の美容家として身近な人への癒しの実践をテーマに、美容の領域を超えた独 自のセラピストのあり方 を構築。スクール事業や、認定セラピストの支援を行う。

          今回のコロナウィルス COCID-19では世界中が悲痛な叫びをあげています。当初、誰も がまだ遠いことのように思えていた出来事が、あっという間につい身近に迫り地球上に拡 がってしまいました。今回のことで皆が気づいたこと・・日常の生活が激変し明日のことが見えない不安に直面 したとき、恐らく昨日までの平和と健康のありがたみや、あたりまえの人とのつながりが 大きな存在だったと痛感した方は多かったのではないでしょうか。
          こうやって皆が不安に苛まれている最中にも、果敢に現場で患者の命の為に闘ってくださっている医療従事者の方々のご苦労は如何程のものなのでしょう。命と向き合う現場は私達が想像するに絶するものであるでしょう。
          感謝の声をいかに届けるべきかを考えた結果、まずはできることを行動にとの思いからこの度のプロジェクトの運びと、なりました。皆様と共に行動したいと思います。

          そしてリターンにもささやかな想いを添えて選択させていただきました。
          コロナウィルス COCID-19は、大きな規模で考えたときは世界的な恐慌やパンデミックたる社会的な大問題が立ちふさが るわけですが、個人の立場に戻った時、自分が存在する最小規模の社会である家庭もしくは 地域、会社等での問題となるわけです。 当社団では「身近な人を大切に思う心」それはセラピストの原点であると考えます。 身近な方を支える前に一番大切なのは、「自分の心と体が健康であること」 まずは自分の心身のバランスを保ち、明るくゆとりをもって支え癒せる自分であること。 自己の管理をしっかりとこなしながら、周りへも目を向けていきましょう。 今回のウィルスは、自分がかかれば周囲をも巻き込む可能性があるというなかで、各々の 人間が試される事態になったと思います。 日々発表される感染者数の減少から終息を感じる方も多いと思いますが、まだまだ気を許 すには早いと考えるのは私だけでしょうか。 ウイルスと人類の戦いと共存は人間の歴史の中で延々と続いてきた課題です。 どうか気を許さず、新しいこのウイルスとの正しい共存の仕方を身に着け、自身と身近な 人たちを守りながら健全な社会に戻れるよう、皆で考え行動してまいりましょう。
        • 日本医美業セラピスト協会ホームページ
        • 〇 四本 紀子   
          一般社団法人 日本医美業セラピスト協会 常務理事
          経歴:15 年間国立・私立医療機関従事(内、管理職(看護師長)として歴任。)その後 18 年間介護業界人 材育成、ケアマネ歴任、現在医療介護コンサルタント会社経営。

          当社団は、個々に何が必要か、どうすることが 1 番なのか、といった社会のニーズに応え て素早く対応出来る専門性を持った人達の集まりです。 人間って 1 人では何も出来ない、しかしみんなの協力が有れば、こんなふうに取り組んで いけます。今回の取り組みは、社会に役立てて嬉しいです。 皆様のご協力もぜひ宜しくお願い致します。

          現在抗体キットは、欲しいですよね。コロナの抗体検査、賛同します! 医療現場は、戦争ですよ。安全とは言えないからです。私たちで医療機関をサポートしま しょう。そして抗体検査で自分自身を知り守りましょう。
        • 〇 桃山 きよ志
          一般社団法人 日本医美業セラピスト協会 理事
          願いの宮 宮司 一般社団法人 glitter 理事
          一般社団法人 宮大工養成塾 外部顧問
          七代目神道家。人々の心の拠り所、関西経済と日本文化の復興に寄与する願いの宮を開宮。関西TVとなりの人間国宝さんに認定された縁起のいい神主。元ラジオ大阪パーソナリティ。

          ・コロナの状況に思うこと 宗教者の立場から言えば、森羅万象一切を神様のお働きと受けさせていただいておりま す。 つまり、この新型コロナウイルスが人類へもたらした「闇」ではなく、 「光」に焦 点を当てること。 そして生きる希望、素晴らしい未来へと導いていく役目があるのだろ うと思っています。 まずは、普段感じない命の危機を身近に感じることができたこと で、 生きていることそのものに意味がある、ありがたいことだと感じられた方も多かっ たのではないでしょうか。 これは貴重な経験です。 そして、外出自粛にともない、 忙 しくて置き去りにしてきた家族や自分に向き合うことができた方も多々おられたことでし ょう。 さらに、外部と遮断されることで人とのつながりがこんなに大切なものだったの かと、 恋しく感じられた方もおられるかと思います。 これを機会に、人とのつながりを もっと丁寧に深めていく、 そんな愛のある未来を描いていきたいものです。 しかし、忘 れてはならないことがあります。 この外出自粛も、外出せざるを得ない方々がおられて はじめて成り立っているということです。 特に医療関係に従事されている方々がおられ るからこそ、安心して家にいることができ、 生活必需品から食べ物にいたるまでを販売 して下さるお店や、それを支える物流関係のみなさんや、 普段より危険で多いゴミを処 分して下さるゴミ収集の方々などが おられて自粛ができるということも、改めて想像し てみることも大切でしょう。 結局、ひとりでは生きていけないのが人間であるというこ と。 人様のお世話になっている自分であるという感謝の念を忘れず、 日々ありがたく過 ごさせて頂きたいと、改めてこの状況から思わせて頂いております。 この大切なことを しっかりと学んだ上で、 コロナ後の素晴らしい未来をみなさんとつくっていきたいと思 っています
        • 願いの宮ホームページ
        • 〇 村上 征寛
          一般社団法人日本医美業セラピスト協会専務理事
          全国柔整鍼灸協同組合従事、一般社団法人日本健康創造協会 理事 一般社団法人日本美躾身コルギ協会理事長 兼務 鍼灸・柔道整復師の育成に努める。村上鍼灸指圧整骨院 経営


          いまだコロナの終息が見えない中、皆様方に於いても大変御苦労なされていらっしゃるこ とと存じ上げます。 また医療従事者の方々おいては日夜ニュースで知りうる限りでも頭が下がる思いです 代表理事の坂本様からクラウドファンデングのお話を頂く前に私自身 4 月にマスク 1000 枚ほど市の方に寄付をさせて頂いたのですが、その時少し職員の方々とお話しをし一個人 としては限界があると痛感していた所の、コロナ最前線で戦う医療従事者に防護服&マス クを贈ろうとの話に大変感銘を受けました。今回の活動に賛同いたします。


        • 〇 小林 びんせい
          豪州医師、 ナチュロパスドクター、自然療法医

          オーストラリアのシドニーで自然療法クリニックを経営し 12 年前に日本にその治療方針 や内容を伝えたいという使命感から帰国しました。 その後リーマンショック、東関東大地震、新型コロナウイルスのパンデミックなど度重な る大災害に見舞われる中、私なりのテレビから流される情報とは違うアプローチで災害に 立ち向かいたいと感じました。 そこでまずは知ること。コロナウイルスはその症状で判 断するのが一般の方では一番わかりやすいかと思います。 このウイルスは初期の段階では大変わかりにくく症状がないまま感染させてしまう事もよ くあるようです。しかし自分だけでなく他人に感染させたくないですよね。 花粉症かなどとわかわかりにくいときには抗体検査をしたらどれほど安心でしょう。 もし何も反応しなければ、まだ感染していないだろうという事が陰性率が85%程度の確 率で分かります。 IgG 抗体ができていれば過去に感染していたという事がわかります。おそらく今年は同 じウイルス感染はおこらないでしょう。 IgM 抗体という初期に反応する自己検査をすることで感染しているかをある程度調べる ことができます。 もし症状がでていて IgM が陽性なら症状に応じて医療機関を紹介いたします。会社などで 咳をしているのに無理して来ている社員さんが医者を拒んでいるときなどとても有効な方法です
        • ◯ Naomi道
          セラピスト・講師
          経歴:代替医療の現場で使用される東洋医学の発想に基づいた瞑想用の香りをカウンセリングしながら販売する仕事に従事。五感刺激による潜在意識活用方法や色霊・言霊によるヒーリング、「色霊アート」「ご縁マップ」など自己開発メソッドを提唱しながら、個展開催するなど幅広い活動を行う。

          今回のコロナで、目に見えないものによって降り掛かるストレスの大きさと、いつもと変わらない日常を過ごせることがどれだけありがたいことなのかを痛感しました。
          また、最前線の医療現場で、満足にマスクや防護服も揃わないというご自身の命も脅かされるような環境の中、日々患者と向き合ってくださった医療関係者の方々には感謝の念が堪えません。
          坂本理事長の「マスクと防護服を送ろう」という今回のプロジェクトを伺い、素晴らしい活動だと共感し賛同させていただきました。
          今回支援してくださったリターンとして、抗体検査キッドをいただけるとのことで、感染しているのか、抗体を持っているのかを調べることによって、自分の状態が分かり安心材料にもなります。
          一人の力は微力でも、みなさんとの協力で大きな力とし、ここからはじまる未来の世界を平和で輝かしいものにしていけたらと思います。
        • naomi道ホームページ
      • 新着情報

        新着情報はありません。
      • コメント
          コメントはありません。

      プロジェクトオーナーのプロフィール

      一般社団法人 日本医美業セラピスト協会

      一般社団法人 日本医美業セラピスト協会

      一般社団法人 日本医美業セラピスト協会=JMBTA(Japan Medical Beauty  Therapist Asociation)は2005年より美容の領域を超えた独自のセラピストのあり方を構築し続けてきたあらゆる活動を基盤とし、医療・介護・美容のプロフェッショナルが集結。2018年に新たに設立された組織です。 日本の良さを活かす高い技術力やサービスを追究し、セラピストの意識向上を目指します。 日本独自の「おもてなし」精神を学ぶことにより、日本の文化を含め良さを世界に広める活動をしています。 また、福祉にも目を向け社会貢献をしていく団体です。
      お問い合わせ
      販売商品
      支援して抗体検査キットを送ってもらう
      ¥14,000 (税込/送料込)
      残り 99997
      詳細を見る
      ご提供予定時期:6月初旬
      支援して抗体検査キッドを送ってもらう(キット5枚)
      ¥62,500 (税込/送料込)
      残り 99998
      詳細を見る
      ご提供予定時期:6月初旬
      支援して抗体検査キッドを送ってもらう(キット10枚)
      ¥125,000 (税込/送料込)
      残り 100000
      詳細を見る
      ご提供予定時期:6月初旬
      支援して抗体検査キッドを送ってもらう(キット20枚)
      ¥250,000 (税込/送料込)
      残り 100000
      詳細を見る
      ご提供予定時期:6月初旬
      FAQ・ヘルプ

      販売商品一覧

      特定商取引法に基づく表示

        販売業者
        株式会社kanatta

        所在地
        東京都目黒区中目黒3丁目6-2 中目黒FSビル5階

        連絡先
        メール:contact@kanatta-lady.jp

        販売責任者
        井口 恵

        販売価格
        各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

        商品代金以外に必要な料金
        なし

        お支払い方法
        クレジットカードによりお支払いいただけます。

        お支払い時期
        プロジェクトが成立した時に決済が行われます。すでに成立しているプロジェクトの商品を購入した場合は、商品購入時に決済します。
        プロジェクトが目標金額に達しなかった場合、プロジェクトは不成立となり、決済はされません。

        商品(リワード記載内容)のお引渡し時期
        商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

        キャンセルの可否と条件
        プロジェクトが未成立の場合に限り、商品の購入をキャンセルすることが出来ます。ただし、プロジェクトの募集期間終了まで残り8日未満の場合はキャンセルできません。